THE SPIDER'S TERRITORY 名作という名前をつけてやる 忍者ブログ
◆日常の雑記や音楽に関する話題、CDレビューなど◆
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日、久し振りにスピッツの2ndアルバム、「名前をつけてやる」を、最初から最後まで通して聴いたみたのですが、やっぱり初期のスピッツは相当神がかってますね!

初めて聴いた時(中3)は、「何だ!?この無駄に長いイントロと”ラララ”は!?」と思ってしまった、アルバム1曲目の「ウサギのバイク」。
しかし、あの時から約3年経った今、改めて聴いてみると、この「ウサギのバイク」の異様に長い序章部分は、このアルバム全体のイントロを全て担っているのではないかというふうに思えてきます。
このアルバムの曲は、全体的にイントロがあっさりしているものが多いように感じますし。

そして、この「ウサギのバイク」から、ラストの「魔女旅に出る」までの、まるで計算し尽くされたかのような完璧な流れ。
「アルバム」とは、正にこういうものを指すんだと、心底思い知らされました!

まぁCDレビューではないのでこれ以上深くは語りませんが(笑)、この絶妙なまでのバランスと、狂気的かつ独創的な音楽性、こんなスピッツだからこそ俺は好きなれたんだなぁと、今な胸を張って言えるような気がします
PR

名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント(必須)
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]