THE SPIDER'S TERRITORY ASIAN KUNG-FU GENERATION「ワールドアパート」 忍者ブログ
◆日常の雑記や音楽に関する話題、CDレビューなど◆
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


01 ワールドアパート

解説:「切り離された世界」という意味の名を持つ曲(apart:離れて、別になって)。
アジカンらしいバリバリのロックチューンで、個人的には、低音のBメロと高音かつシャウトが全開のサビとのギャップがかなり気に入ってます。

裏話:この曲の詞は、実は後藤さん(Vo.)があの911の事件を題材にして書いたもので、それを踏まえた上で曲を聴いてみると、また違った世界観が見えてくるはずです。

構成:Aメロ×2→Bメロ→サビ→Bメロ×2→サビ

曲調:ロック

詞:「切り離された世界」への虚しさと、「君への想い」の虚しさが入り混じったような、とても切ない内容です。

遠く向こうで ビルに虚しさが刺さって 六畳のアパートの現実は麻痺した


02 永遠に

解説:「ワールドアパート」とは打って変わり、ゆっくりと落ち着いた雰囲気の曲。
「憂鬱」という言葉を連呼するラストがかなり印象的。

構成:Aメロ×2→サビ→Bメロ→Cメロ

曲調:ロック

詞:対峙する現実を、ただ冷ややかな目で見つめているような寂しい内容です。

夢みたいな話は夢のように消えてなくなった
遠く続く道を僕は駆け抜けて
その先にはどんな世界があるのだろう



03 嘘とワンダーランド

解説:リードギター担当の喜多さんがボーカルを務めたことで、アジカンファンの中でも話題になった曲。
男臭さ溢れる後藤さんの歌声(褒め言葉)とは対照的な、優しく澄んだ喜多さんの歌声。そして、喜多さん自身が作曲を務めた、いつも以上に歪でハードなメロディーが、そんな優しい歌声と意外にも見事にベストマッチ。
ファンならずとも必聴の価値ありです。

構成:Aメロ×2→サビ→Aメロ→サビ

曲調:ロック

詞:訴えかけてくるような言葉の数々に、思わず引き込まれてしまうような内容です。

形なら忘れてかまわないけど ひとつだけ教えて



総評:3曲、それぞれ全く違った良さが楽しめるので、シングルとは思えないほどの満足感に浸れること間違いなしです。
おすすめ。

おすすめ度…★★★★☆

視聴はこちら↓
PR

名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント(必須)
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
>>farさん
>アジカンが出たライブに行ってきましたよー!!
ライブレポ、楽しみにしてますね

>中古でしたけど(笑)買ってよかったですw
カップリング曲はアルバムに収録されませんしね!
って、「フィードバックファイル」出ちゃいましたけど笑

>あの、嘘とワンダーランドの作詞ってゴッチじゃなかったですか…?
>作曲は喜多さんで、作詞がゴッチだったような気が…
す、すいません…汗
今の今まで、完全に逆(作曲が後藤さんで、作詞が喜多さん)だと思ってました爆
…アジカンファン失格ですね死
スパイダー URL 2006/12/19(Tue)00:54:52 編集
日曜日
アジカンが出たライブに行ってきましたよー!!
ワールドアパートの曲はやらなかったんですが、このシングルかなり良いですよね!!!中古でしたけど(笑)買ってよかったですw

あの、嘘とワンダーランドの作詞ってゴッチじゃなかったですか…?作曲は喜多さんで、作詞がゴッチだったような気が…
far URL 2006/12/19(Tue)00:04:48 編集

この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]